国際交流 産学連携
 

 

    事業の趣旨と目的  (学会の国際交流

1. 若手研究者との交流の場の設定

国内外で開催される国際シンポジウムなどの機会を利用して、会員とアジアの新進気鋭の若手研究者・技術者との交流をはかる場を設ける。

2. 国際シンポジウム・特別講演会等の開催

アジアをはじめ世界の研究者・技術者を日本に招聘し、国際シンポジウムや特定分野に関する共同研究会,特別講演会等を開催し、研究・技術開発動向などについて、会員が意見交換をする場を設ける。

3. 交流成果の広報

これらの交流の具体的内容およびその成果は、会誌やホームページなどを利用して会員に広報し、将来の交流拡大につながるように学会が支援する。

4. 国際奨学生の募集と支援

国際的センスを有する日本人,また日本を良く理解する親日のフルードパワー海外研究者をより一層養成するため,また,研究成果を広く知らせるために国際奨学生を募集する。(国際交流奨学生

 
事業の趣旨と目的
事業の成果
国際関連団体
関連する国際学会情報
 
 
ページのトップへ