国際交流 産学連携
 

 

日本フルードパワーシステム学会では,国際化がますます進展する現状に鑑み,国際的センスを有する日本人,また日本を良く理解する親日のフルードパワー海外研究者をより一層養成するため,また,研究成果を広く知らせるために国際交流奨学生を募集いたします.皆様の応募をお待ちしております.
 
    1.奨学生の応募資格
応募資格は次のいずれかによる.
(1) 海外の大学の修士課程,博士課程に在籍し,フルードパワーを専攻する外国人学生
(2) 日本国籍を有する40歳未満の賛助会員会社社員あるいは正会員
 
    2.奨学生の派遣先
1項(1)の場合は,国内の大学,高専などのフルードパワー研究機関とし,(2)の場合は海外の大学,研究所などのフルードパワー研究機関とします.
 
    3.奨学期間
1項(1)の場合は半年間あるいは1年間とし,(2)の場合は1ヶ月以上1年未満とする.
 
    4.奨学生予定採用者数
毎年度2〜3名
 
    5.応募方法
1項(1)の場合は,①履歴書,②研究計画書,③現在の指導教員からの推薦書,④国内の受入予定機関からの推薦書(指導予定教員からの受入承諾書),⑤研究期間を明記したものをメールに添付して学会に送付してください.
(2)の場合は,①履歴書,②現在の所属先からの推薦書,③研究計画書,④海外の受入予定機関からの推薦書(指導予定教員などからの受入承諾書),⑤研究期間を明記したものをメールに添付して学会に送付してください.なお,①の履歴書は市販の用紙を使用し,②〜⑤の書式は自由です.
 
    6.申込み締切
第1期:5月20日まで(研究期間がその年の10月から始まる場合などに適す)
第2期:10月20日まで(研究期間が翌年の4月から始まる場合などに適す)
 
    7.奨学対象者の決定
学会の表彰委員会が奨学対象者を選考し,その結果を応募者に通知します.
 
    8.奨学金
研究期間1ヶ月につき5万円,最高60万円を奨学金として支給します.
 
    9.奨学生の義務
1項(1)の場合は,来日後,学会の学生会員に登録し,(2)の場合は,帰国後,学会の春季または秋季講演会で講演してください.また,両者とも研究成果を,日本フルードパワーシステム学会論文集に投稿することを推奨します.
 
    10.罰則事項
5項で提出した応募書類と実際とに大きな差異が生じた場合は,内容を理事会で審議し,重大な過失と認定したときは,奨学金の返済を求めることがありますので注意してください.
 
 
ページのトップへ