space
The Japan Fluid Power System Virtual Musium 学会ホームページトップ
HOME フルードパワーの歴史 活躍するフルードパワー 未来を拓くフルードパワー 会員専用
space
フルードパワーの歴史
活躍するフルードパワー
展示内容
ジェットヒッター
ダムゲート用
製鉄プラント向け
浮体橋用
浚渫船用グラブ
エアーパワーメーター
鉱山用超大型油圧ショベル
高速リニアサーボ弁シリーズ
コンクリートミキサ車
チェアスキー
ハイブリッド油圧ショベル
地雷除去機
東京スカイツリー制震ダンパ
虎ノ門ヒルズ制震ダンパ
 
line
 
 ジェットヒッター
 
空気の噴流力で硬式(軟式も)野球ボールを空中に浮かせて、バッティングの練習ができる装置です。ボールは紐やゴム部などによる支持が無いので、自由にボールを飛ばすバッティングが楽しめます。フルードパワーだからできる浮遊技術です。明治大学と共同で開発しました。
 
メーカ (株)エム・アール・コーポレーション
発表年月 2009.9.1
 
 ダムゲート用油圧シリンダ
 
ダムの水門開閉用に用いられる油圧シリンダです。
 
 
 
 製鉄プラント向け油圧シリンダ
 
写真は製鉄設備用油圧シリンダです。シリンダ仕様は内径740mm、ストローク2455mm、シリンダ重量22ton、圧力21MPaです。
 
メーカ (株) TAIYO
発表年月  
 
写真1. 夢舞大橋の全景(旋回中)
写真2. 緩衝桁・浮体橋連結部
 浮体橋用特殊油圧シリンダ(大阪市夢舞大橋)
 
大阪湾の人口島、夢洲(ゆめしま)と舞洲(まいしま)をつなぐ世界初の『浮体式旋回可動橋』に使用されている油圧シリンダを紹介します。橋本体の旋回(全長940m中、中央部410m)は舞州の取付部分を軸にタグボートにより行われ、大型船の航路を確保します。油圧シリンダは橋本体との連絡橋にあたる緩衝桁の部分に主ジャッキをはじめ数十本使用されています。一例を挙げると、夢州側主ジャッキ4本がΦ720×ストローク4800、舞州側主ジャッキ4本がΦ620×ストローク5600で両者とも2段テレスコシリンダです。
 
メーカ (株) TAIYO(当時は太陽鉄工株式会社)
発表年月 2000年末
 
 浚渫船用のグラブに用いられる油圧シリンダ
 
港湾や河川の土砂をすくい上げ、船舶が安全に航行、接岸できるようにする浚渫船のグラブには油圧シリンダが使われています。写真の中の油圧シリンダは内径560mm、ストローク3100mmでロッド表面の特殊金属溶射により海水中でも抜群の耐久性を確保したもので、上の写真グラブに使われています。下の写真の油圧シリンダは日本製鋼所との協力で製作され、内径880mm、ストローク13500mm、重量141tonもある超大型油圧グラブ浚渫船に用いられたシリンダです。
 
メーカ (株) TAIYO
発表年月  
 
 エアーパワーメーター
 
圧縮空気の消費エネルギーを的確に把握することで、省エネルギーを実現し、環境負荷低減にも寄与するマルチ計測器。東京工業大学香川教授が提唱したエアパワーの概念を導入して実用化した。
 
メーカ 東京メータ株式会社
発表年月  
 
 鉱山用超大型油圧ショベル(EX8000-6)
 
油圧ショベルなどの建設機械では,大きな力を出すために「油圧」は無くてはならない技術です。
写真の世界最大級のショベルは,機体重量800t,一掬いで80tの土砂を積み込むことができます。
 
メーカ 日立建機(株)
発表年月  
 
 高速リニアサーボ弁シリーズ
 
構造が複雑なノズルフラッパ方式に対し、小形・強力なリニアモータをスプールの駆動源としたシンプルな構造の高応答・高精度なサーボ弁である。シンプルな構造によりサーボ弁の弱点であった作動油中のごみに対しても非常に優位な製品となっている。
 
メーカ 油研工業株式会社
発表年月  
 
 コンクリートミキサ車(電子制御ミキサ車)
 
従来からミキサ車には正転・逆転が可能などのメリットを活かし油圧モータが適用されている。そこで、2速油圧モータを採用し騒音と燃費低減を図った。
 
メーカ KYB株式会社
発表年月  
 
 チェアスキー
 
長野冬季パラリンピックからKYBが座る部分のダンパーを担当。この時期になるとKYB従業員がチューニングした。
写真は、金メダリストの大日方さんが使用したProto−typeである。
 
メーカ KYB株式会社
発表年月  
 
 ハイブリッド油圧ショベル【コマツ HB205】
 
世界で初めてハイブリッド油圧ショベルを量産化(2008年)。
旋回に電気モータを使用。旋回減速時のエネルギをキャパシタに蓄積し、そのエネルギを旋回加速、あるいは、発電機モータを介してエンジンアシストに活用することで、従来建機に比べ25%以上の低燃費を達成した。
 
メーカ (株)コマツ(小松製作所)
発表年月  
 
 地雷除去機【コマツ D85MS】
 
人道支援を目的として、ブルドーザベースで開発された対人地雷除去機。世界中には1億個以上の対人地雷が埋められているといわれ、カンボジア、アフガニスタンなどで活躍している。地雷除去用のロータは、油圧モータで回転している。
 
メーカ (株)コマツ(小松製作所)
発表年月  
 
 東京スカイツリー®用制震ダンパ
 
自立式電波塔として高さ世界一を誇る「東京スカイツリー®」に配置された風や地震による揺れ防止用オイルダンパである。高速型オイルダンパ90基とロックシリンダ6基が配置されている。
 
メーカ カヤバシステムマシナリー(株)
発表年月  
 
 虎ノ門ヒルズ用制振ダンパ
 
新橋・虎ノ門エリアにある虎ノ門ヒルズの制震用オイルダンパであり、516基設置。このダンパは、小さな揺れから大きな揺れまで制震力を発揮し、風揺れ時や、中地震・大地震時のビルの揺れを抑制可能である。
 
メーカ カヤバシステムマシナリー(株)
発表年月  
 
ページの先頭へ
 

Site MENU

Copyright (C) The JAPAN FLUID POWER SYSTEM SOCIETY 2011 All Rights Reserved.